出戻り社員と新規採用者はどちらが優秀なのか調査した結果

組織論・人事

一度辞めた会社に再び入社する出戻り社員が増えています。中にはそれを積極的に受け入れている企業もあります。

企業側からすると教育の手間が少ない点や即戦力として期待できる点がメリットといえるでしょう。

ある調査によると被雇用者の約4~5割が元の会社に出戻ることを検討したことがあるという結果もありますから、企業側が受け入れ制度を整えれば出戻り社員はますます増えるでしょう。

しかし本当に出戻り社員は高いパフォーマンスを発揮するのでしょうか?

今回はそれを定量的に調べた研究を紹介します。

出戻り社員が成果を上げやすい条件

コーネル大学のJR・ケラー助教たちは米国のヘルスケア企業の2009年から2016年までの1万人以上の人事データを分析し、出戻り社員と新規採用された社員ではどちらが優秀なのか調べました。

その結果は出戻り社員のほうが高い成果を上げているというものでした。

特に人間関係や事務的な事柄について厳しい調整が多い仕事において出戻り社員の成果が高いことが分かりました。

また新人の割合が低く勤続年数の長い管理職がいる部署において出戻り社員は成果を発揮しやすいという結果も出ています。

出戻り社員がこのような高い成果を発揮するのは過去の経験によって得た知識があるからと考えられます。

出戻り社員のデメリット

今回紹介した研究は「Academy of Management Journal」という経営学の世界でも権威のある学術誌に載った論文ですから知っている人もいたかもしれませんし、自社でも出戻り社員の受け入れを検討しようとした人もいるかもしれません。

しかし注意してほしいことがあります。実は出戻り社員と辞めずに働いていた社員では後者のほうが成果が高いというデータもあるのです。

つまり出戻り社員は新参者と比べれば優秀だけれど既存社員と比べるとそうでもないということです。

また既存社員の中には出戻り社員を歓迎しない人もいます。特に会社が厳しい状況のときに辞めていった社員には裏切り者というイメージを抱いている人もいるでしょう。

上司となった元後輩に対して偉そうな態度を取ってしまう出戻り社員もいます。さらに出戻り社員は2度目の退職をする確率が高いというデータもあります。

既存社員、出戻り社員の双方に社内の空気を悪くするリスクが存在するということです。

新人を雇うよりは楽だからと近視眼的に考えるのではなく長い目で見た場合に組織にとってプラスとなるかという視点で出戻り社員の受け入れを考える必要があります。

参考文献:JR Keller, Rebecca Kehoe, et al. 2021. In with the Old? Examining When Boomerang Employees Outperform New Hires.Academy of Management JournalVol. 64, No.6

タイトルとURLをコピーしました