消費者行動に恋愛感情が与える影響

マーケティング

消費者行動はその心理状態に依存します。

通常と異なる心理状態になると普段であれば行かないような店に行ったり、買わないような商品を買ったりすることもあるのです。

実は恋愛も消費者心理に影響を与えることが研究で分かっています。

恋愛グループと建物グループ

アリゾナ州立大学が159名を対象に恋愛と消費行動・奉仕活動についての実験を行いました。

実験参加者は2つのグループに分けられました。

1つのグループは魅力的な異性の写真を3枚見せられ、その中から最も気に入った相手を選び、その相手とのデートプランを考えるように指示されました。(恋愛グループ)

もう片方のグループは建物の写真を見せられ、それを見て回るのに最適な天候について考えるよう指示されました。(建物グループ)

男性は恋愛するとお金をつかう

その後で以下の2つのアンケートに回答させました。

  • 車や時計、食事、旅行にどれくらいお金をつかいたいか?
  • ホームレス・シェルターでの手伝いや貧しい家の建築の手伝いなどのボランティアにどれくらいの時間をつかいたいか?

回答を分析したところ恋愛グループの男性は建物グループの男性と比べてより多くのお金をつかうことが分かりました。

女性は恋愛するとボランティアをする

女性の場合はどちらのグループもお金の使い方に有意な差は見られませんでした。

しかしボランティアへの意欲には差がありました。恋愛グループの女性の方がより多くの時間をボランティアに費やしたいと回答したのです。

男性の場合はどちらのグループもボランティアへの意欲に差はありませんでした。

男女ともに異性へのアピールのために行動する

なぜ恋愛感情によって男性はお金をつかうようになり、女性はボランティアをするようになるでしょうか?

それは男女の交配戦略が関係します。女性は男性に経済力を求め、男性は女性に美しさや献身を求めるということをお互いが知っています。

なのでそれをアピールしようとしたということです。

女性がお金をつかうとき

ちなみに女性が恋愛の場面でお金をつかうようになることもあります。

それは自分のパートナーをライバルに奪われるかもしれないという危機を感じたときです。このようなときは化粧品や洋服など自分の外見的魅力を高めてくれるものにお金をつかうようになります。

また不景気のときも経済的な不安からより優秀な男性を求めるので同様にお金をつかうといわれています。いわゆるリップスティック効果が発生するのです。

参考文献(Blatant Benevolence and Conspicuous Consumption: When RomanticMotives Elicit Strategic Costly Signals)

タイトルとURLをコピーしました