お客様は神様ではない!客を選ぶのは権利ではなく常識

お客様は神様ではない マーケティング

他の先進国と比べても日本は客の立場が強い国です。数百円の商品を提供しているファミレスやディスカウントストアでさえ店員はへりくだっています。
お客様は神様です」などと宣言してしまっている企業まであります。
しかしあなたが自分の経営する会社の利益を増やしたいのであれば客を選ばなければなりません。

お客様は神様ではない

客を尊大にしてしまう原因の一つとして「お客様は神様です」という言葉が世間に浸透してしまったことが挙げられます。
これを客商売における心構えだと思っている人もいますが実は間違いなのです。

知っている人も多いと思いますが「お客様は神様です」という言葉は歌手の三波春夫さんによって広まった言葉です。
三波さんが神様に祈りを捧げるような心構えで歌っているという話をしたらそれが「お客様は神様です」として広まってしまい、いつの間にか小売店や飲食店でも使われるようになったのです。
つまり「お客様は神様です」という言葉を客が偉いのだという意味で使うのは間違っているということです。三波さんの公式サイトにもその旨が説明されています。

お客様は神様ではないのです。儲けたいなら客を選びましょう。

客を選ばないことこそ傲慢

客を選ぶだなんてとんでもないという経営者もいるでしょう。
特に私がコンサルティングをしている個人事業主や中小企業の経営者は誠実な人が多いので全ての客に対して誠心誠意の対応をしてしまう人が多い印象です。
しかし客を選ぶほうが誠実なのです。

客を選ぶとは相手の態度だけを見て選別しろということではありません。その前段階で狙うべき客層を絞ることも含みます。

少し前に子連れでラーメン屋に行ったらお断りされたとクレームを言っていた客が話題になりましたが、このラーメン屋は誠実な対応をしたと思います。
このラーメン屋がターゲットとしている客は回転率を上げられる客です。さっさと食べてさっさと帰る客です。

仮にこのラーメン屋が子連れ客にまで誠実に対応していたらどうなるでしょうか?
回転率が落ちます。すると利益を出すために値上げせざるを得なくなります。その値上げ分はいつも来てくれている客に転嫁することになるのです。

ヒトやモノといった企業の資源は限られています。それにも関わらずどんな客にも最高のサービスを提供できるなどという考え方こそ傲慢なのです。
全員に中途半端なサービスを提供するよりも選別した客に最高のサービスを提供することが誠実な企業経営のあり方です。

優良顧客とクレーマーに同じ対応をするのは背信行為

どの業界でも理不尽なクレームをつけてきたり要求の多い顧客ほど金払いが悪いという共通点があります。

こういった顧客と商売をしても時間と手間ばかり掛かって利益になりません。こういう顧客を1社相手にする労力で優良な顧客を何社も相手にできます。
つまり客を選ばないということは大きな機会損失を発生させるということです。

また文句も言わずにお金を払ってくれる優良顧客と理不尽なクレーマーに同じレベルの対応をするのは優良顧客に対する背信行為ともいえます。

それから理不尽な客にも誠実な対応をさせられた社員は精神的疲労が蓄積しパフォーマンスが落ちます。最悪の場合には仕事が嫌いになって辞められてしまうこともあるでしょう。

店側にも客を選ぶ権利はある

小売店や飲食店を経営している人の中には「店側に客を選ぶ権利なんてあるの?法律違反になるのでは」と心配になる人もいるでしょう。

しかし店と客というのは単に売買契約を結ぶ当事者同士に過ぎません。ここで適用される民法には契約自由の原則というものがあります。
つまり誰と契約するかは当人の自由ということです。客がどの店で買うか自由に選べるのと同様に店も誰に売るかを自由に決めることができるのです。なので出禁も合法です。

水道やガスといったインフラに関係する業種は個々の特別法によって客を選ぶことが禁止されていますが、通常の小売店や飲食店では客を選ぶことは禁止されていません。
客を選ぶ権利は当然ありますし、売買契約において買主のほうが立場が上であるなどという定めもありません。店も客も同じ立場です。

個人的な意見を言わせてもらえば日本の店の多くは低価格でも素晴らしいサービスを提供してくれているのですからむしろ客のほうが立場が下ではないかとさえ思います。

客を選ぶから客から選ばれる

当然ですが私も客を選んでいます。私は経営支援や事業再生、集客支援などを行っていますが「誠実な仕事人の利益を増やす」ということを使命としています。
ですからこの使命に合わない客からの依頼は全て断っています。価値のないものを売ったり、遵法意識の低い会社は「誠実」とは言えないので断っているのです。ウェブサイトでもお断りする業界の一例を記載しています。

中には簡単に利益を増やして高額な報酬が貰えそうな案件もあります。そういった案件を断ると損のように思われるかもしれません。
しかしそのような仕事を受けてしまえば自分を恥じることになりますし、信用を失うことにもなりますから長期的に見れば大損なのです。

何度も言いますがお客様は神様ではありません。客を選ぶから客から選ばれるということを忘れないでください。

タイトルとURLをコピーしました