リーダーに向いている人の特徴は口が大きいこと?

組織論・人事

誰をリーダーにするかによって組織の業績は大きく変わります。またリーダーの性格は部下の成長にも影響を与えます。

とはいえリーダーに向いているかどうかを見極めるのは簡単ではありません。指導力があるように振舞う人もいますし、それに騙される人も多いのです。

しかしリーダーに向いているかどうかを身体的特徴によって判断できるかもしれません。

それが口の大きさです。口の大きさとリーダーとしての資質、そして他者からの評価には相関があることが研究で分かっているのです。

口が大きい人はリーダーに向いていると思われやすい

カナダのトロント大学の研究チームがリーダーとしての資質に関する実験と調査を行いました。

実験では評価者として48人の男女が集められました。そして50枚の男性の写真を見せられ、リーダーとしての資質について評価するよう求められました。

その結果、口の大きい人ほど成功してそうだと思われる傾向がありました。

他の実験ではコンピューターで同一人物の写真の口のサイズを変化させた写真を見せました。こちらでも同様に口の大きい人ほど高い評価を得ました。

写真に写っていた人物が本当に優秀かは分かりません。しかし「この人はリーダーに向いてそうだな」と思われることもリーダーに必要な資質の一つといえます。

口の大きなCEOがいる企業は儲かっている

口の大きい人は実際にリーダーとして優秀なのか?ということを調べたデータもあります。

2005年のアメリカの上位25の企業のCEO(最高経営責任者)の写真から口のサイズを計測しました。

そして過去5年の業績と照合したところ、口の大きなCEOがいる企業のほうが儲かっていることが分かりったのです。

選挙の勝敗についての調査もあります。1995年から2006年までのアメリカの上院選挙では口の大きい候補ほど勝つ傾向がありました。

※ただし同期間の州知事選ではその傾向はありませんでした。

口の大きさ=犬歯の大きさ=攻撃性

なぜ口の大きい人はリーダー向きなのでしょうか?

一つの仮説として犬歯の大きさが関係しているかもしれません。

非ヒト霊長類(サル類)では犬歯が大きいほどに攻撃性が強く社会的立場を得やすいと考えられています。

そして人間の口の大きさは犬歯の大きさと相関します。

つまり人間にも非ヒト霊長類と同様の現象が起こるのであれば口の大きさとリーダーとしての資質に関連があったとしても不思議ではないということです。

参考文献:Daniel E. R, Nicholas O. Rule. (2015). The big man has a big mouth: Mouth width correlates with perceived leadership ability and actual leadership performance

タイトルとURLをコピーしました