モンテッソーリ教育が意味記憶ネットワークと創造力に好影響

勉強する子供 未分類

モンテッソーリ教育を受けた子どもは意味記憶のネットワークがより豊かにつながっている傾向があることが分かりました。『Science of Learning』に掲載された研究です。

ローザンヌ大学病院のSolange Denervaudらの研究グループはスイスの子供67人を対象に実験を行ないました。

できるだけ多くの動物の名前を挙げる課題では従来の伝統的な教育を受けている子供よりもモンテッソーリ教育を受けている子供のほうが意味記憶のネットワークがより強固につながっていることが判明しました。

また創造的思考に関するテストでもモンテッソーリ教育を受けている子供は高いスコアを示しました。

この実験から分かることは子供たちが喜びと個人的な理解を持って記憶したことほど柔軟で多様な方法で脳の中に整理されるということです。

そしてそれらの知識を柔軟に使えるようになることが創造力の高まりにもつながるということです。

<論文>Solange Denervaud, Alexander P. Christensen, Yoed. N. Kenett & Roger E. Beaty. (2021). Education shapes the structure of semantic memory and impacts creative thinking.

タイトルとURLをコピーしました