飛び込み営業やテレアポをしている時代遅れな会社が廃業すべき理由

マーケティング

飛び込み営業やテレアポをするということは活動時間の9割を他人に迷惑を掛けることに使うということです。もっと分かりやすくいえば人に迷惑を掛けるために生きているということです。

あなたは自分の経営している会社の社員に飛び込み営業やテレアポをさせていないでしょうか?
もしそんな時代遅れなことをしていてこれからも変えるつもりがないなら廃業してください

あなたの会社の存在は迷惑などという次元ではなく日本の生産性を落とす害悪です。

飛び込み営業が日本の生産性を落としている

例えばここに60分かかる仕事があったとします。その仕事を順調に進めて30分経過したところで飛び込み営業がやってきました。それを断るのに1分が掛かったとします。「要らない」と言う以外にも席を離れて戻るという動きがありますからそれくらいは掛かります。

再び仕事に取り掛かったとしてこの仕事はあと30分で終わるでしょうか?終わりませんよね。どこまで進めていたか確認する時間が発生しますし、せっかく高まっていた集中力が切れているので処理スピードが落ちるからです。一度途切れた集中力が戻るまでには20分から30分掛かるという研究結果もあります。

経営者や管理職なら経験したことがあると思いますが社員が出社して来ない日曜日なら3時間で終わる仕事でも社員から話しかけられたり取引先から連絡がある平日にやるとその倍以上の時間が掛かることがあります。だからといって社員や取引先とのやり取りが3時間も発生していたわけではありません。すべての時間を合計してもせいぜい30分くらいでしょう。それでも仕事に掛かる時間は倍以上になるのです。

それくらい仕事の途中で中断が入るということは生産性を落とすということです。これを理解している会社の中には意図的に電話に出ない時間を作ったり同僚に話しかけてはいけない集中タイムを設けているところもあるのです。同僚や取引先からの問い合わせはある程度の予測ができますから対策を立てて業務を組み立てることが可能です。

しかし飛び込み営業やテレアポというのは何の前触れもなく突然やってくるためとんでもなく生産性を落とすのです。企業経営者なら飛び込み営業をしている会社のせいで社会全体がどれだけ生産性を落としているのかということに想像を膨らませるべきです。

社員に「人に迷惑を掛けるために生きろ」と言っているのと同じ

飛び込み営業やテレアポをしなければ売れないようなものは大した商品ではないのでほとんど断られます。8~9割は断られるでしょう。断る側からしたら余計な時間と労力を使わされて迷惑です。

これは営業をしている側から見ると社会に参加している時間の9割を人に迷惑を掛けることに使っているということです。もはや人に迷惑を掛けるために生きていると言っても良いでしょう。飛び込みやテレアポが精神を病みやすいのは断られるたびに自分が迷惑を掛けていることを認識させられ自尊心が下がっていくからです。

あなたは自社の社員にそのような生き方をさせているのです。それでも企業経営者ですか?
社員にも家族がいます。あなたの会社の社員は自分のやっていることを親や配偶者、子供に誇れるのでしょうか?

なぜ非効率で時代遅れなのか?

飛び込み営業やテレアポが非効率で時代遅れな方法ということに気づけていない経営者もいるのでそのことについて簡単に説明しておきます。

現在はたとえ個人であっても簡単に情報を拡散できる時代です。インターネットを上手に使えば無料で宣伝することができます。

つまり価値のある商品やサービスを提供していればそれを消費者に知らせるのは簡単なので売れるということです。これは個人客相手の商売に限りません。企業向けのサービスであっても同じです。

実際に私は経営コンサルティングの仕事を1円も使わずに受注しています。

つまり人間に営業させるよりもウェブサイトなどを活用すれば広く商品やサービスを広められる上にコストも抑えられるということです。

またインターネットの良いところとして人間と違い文句を言わないことが挙げれらます。

営業社員はコストが高い

もちろん業種によってはウェブサイトやSNSなど無料のものだけでは目標とする売上高に到達できない会社もあります。そういう会社はインターネット広告を活用すれば良いのです。

知っていると思いますが社員1人あたりの人件費は給料の1.5倍前後です。年収500万円の営業社員を雇うと750万円のコストが発生するということです。この750万円をインターネット広告に使えば人間に営業させるよりも売れます。それどころか出稿方法を工夫すれば100万円の予算でも営業社員を使うよりも多くの受注が可能なのです。

明確なデータは企業秘密なので公開できませんが新規の受注でインターネットの広告よりも売上を出せる営業社員はかなり少ないです。全員のパフォーマンスを平均したらほとんどの業界でインターネット広告に軍配が上がります。

そもそもインターネット広告は表示されただけでは費用が発生しません。広告に興味を持った消費者が詳しい内容を見るためにボタンを押したときに初めて費用が発生するのです。つまり自社の商品やサービスに興味を持った人だけに集中してお金を掛けられるということです。

もちろんお年寄りを騙して高額商品を売りつけるような会社であれば営業社員にやらせたほうが売れます。しかしまともな企業であればインターネット広告のほうが売上高、利益率ともに良いです。

自社のウェブサイトやSNSなどを活用し必要であればインターネット広告を取り入れるということをすれば飛び込み営業やテレアポよりも効率的に売れるのです。それでも売れないのは提供している商品やサービスに価値がないからです。その場合はそこから見直す必要があります。

それでも飛び込み営業やテレアポを続けさせたいのであれば会社のビジョンを「世の中に迷惑を掛けてでも金儲け」に変えましょう。

タイトルとURLをコピーしました